" />

補助金

【2022年度版】北海道の家庭用蓄電池の補助金情報/優良工事業者も分かる

スポンサーリンク

北海道内で家庭用蓄電池の補助金って出ているの?金額はいくら出るの?自分の住んでいる市区町村はどうなの?と気になっていませんか?

こんなお悩みがある方

・北海道内の補助金情報が知りたい

・国からの補助金はあるの?

・蓄電池の工事業者を選ぶポイントは?

・北海道で蓄電池のおすすめの工事業者は?

そんな不安を抱えている北海道の皆さんに、少しでも問題解決できるように分かりやすく北海道の蓄電池の補助金について解説していきます。

管理人
管理人

【この記事の信頼性】

太陽光業界に2009年から活動いる運営者が、メーカーや販売業者、商社から色々情報を入手して、蓄電池の勉強をしたい人向けに、失敗しない家庭用蓄電池導入方法の解説をしています。

この記事は、国や北海道内の蓄電池の補助金について、補助金額や申請期間などをお伝えしていきます。

この記事を読むメリット
この記事を読んで頂ければ、北海道民の方は家庭用蓄電池の導入費用を抑えることができます。

2022年度(令和4年度)は各市区町村から補助金が出ています

しかし補助金が出ている地域があれば、出ていない地域もあります。また補助金が出ていても予算や申請期間が異なりますので、お住まいの市区町村の状況を把握しておきましょう

家庭用蓄電池の工事業者を選ぶポイントも載せておきますので、参考にしてみてください。ソーラーパートナーズなら地元企業で優良な業者の見積もりが無料で取得できますので、良ければ活用してみて下さい

2022年度(令和4年度)にもらえる国(SII)の補助金

家庭用蓄電池で2022年度にもらえる補助金はあるの?いくら貰えるの?という質問は、蓄電池を検討されている方からたくさんきます。せっかく蓄電池を導入するなら、少しでもお得に導入したいですよね。

令和4年度に活用できる補助金は、ネットワーク型の補助金になりますが、終了しています。ネットワーク型の補助金とはどういった内容なのか説明していきます。

ネットワーク型の補助金内容

ネットワーク型の補助金は、正確には「令和4年度 蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業」という名目で発表されています。

本事業では、DER(VPP)の更なる活用に向け、今後の電力取引市場等を見据えた蓄電池やエネファーム等からの逆潮流・周波数調整機能等の活用や、稼働状況把握のためのIoT化の実証を行うことで、DERを活用した安定かつ効率的な電力システムの構築と、再生可能エネルギーの普及拡大を図ることを目的とする。

VPPとは、仮想発電所と言われており、簡単に言うと「小さな発電所や蓄電池を取りまとめて、1つの発電所として扱う」というものになります。

DERとは分散型エネルギーリソースのことで、発電や蓄電している人と電気を供給して欲しい人を事業者(リソースアグリゲータ)が仲介し、電気を売買するといったイメージ日本の電力を効率よく行えるため、自給率が増え、電力のインフラにかかるコストの削減や災害時に使用できる電力の確保が可能

では補助額や条件はどうなっているのでしょうか。

設備工事費の補助額補助金額=初期実効容量(kWh)×3.7万円
IoT関連機器の補助額上限5万円
公募期間2022年6月2日~2022年12月23日 12:00 必着

工事完了日が2022年12月23日と設けられていますが、申請期間等を考慮すると~2022年9月下旬が公募期間になってくるでしょう。

5つの対象条件

10kW未満の太陽光発電を設置している方、またはこれから太陽光発電を設置する方

太陽光発電を設置していない方や設置しているけどシステム容量が10kW以上の方は対象外になります。

補助金の予算がなくなり次第

補助金の予算がなくなったら申請することができません。ネットワーク型の予算は60億円なので、なくなり次第終了です。

設備費用が設備上限額(目標価格)以内であること

ネットワーク型の補助金には、設備費用の上限設定が決められています。

【蓄電池+工事費目標価格】

・15.5万円/kWh(SII登録蓄電容量)

※蓄電容量1kWhあたりの価格です。

設備工事上限額(目標価格)の計算方法は、「補助金額=kWh×○万円」になります。

例えば、長州産業のSmart PV マルチ9.8kWhであれば9.8kWh×15.5万円=151.9万円になります。この金額に必要部材やタイプ別部材の金額が合計したものが購入金額になります。

対象となる蓄電池メーカーであること

DER事業に参加されている蓄電池メーカーが対象になります。

シャープ ・ニチコン ・長州産業 ・伊藤忠商事(エヌエフ回路設計ブロック) ・田淵電機 ・京セラ

補助金の交付が決定してから蓄電池の契約をすること

経済産業省の資料には、「経済産業省から補助金の交付決定を通知する前において、発注等を完成させた経費については、補助金の交付対象とはなりません。」と記載されていますので、ご注意下さい。

北海道での蓄電池補助金情報

まずは北海道の補助金情報になります。

現在、利用できる北海道からの補助金制度はありません

北海道内の市区町村の蓄電池補助金情報

補助金の申請は、先着順になりますので、お住いの自治体から補助金が出ている場合は、早めに申請することをおすすめします

申請はリアルタイムで動いていきますので、予算が終了していると受付終了していることもありますので、予めご了承ください。

あ行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
愛別町交付なし---詳細を見る
赤井川村交付なし---詳細を見る
赤平市交付なし---詳細を見る
旭川市地域エネルギー設備等導入促進事業補助金令和4年4月19日~令和4年5月31日経費の10分の1
(上限15万円)
・工事前申請
・抽選
詳細を見る
芦別市交付なし---詳細を見る
足寄町交付なし---詳細を見る
厚岸町交付なし---詳細を見る
厚沢部町交付なし---詳細を見る
厚真町交付なし---詳細を見る
網走市交付なし---詳細を見る
安平町交付なし---詳細を見る
池田町交付なし---詳細を見る
石狩市交付なし---詳細を見る
今金町交付なし---詳細を見る
岩内町交付なし---詳細を見る
岩見沢市交付なし---詳細を見る
歌志内市交付なし---詳細を見る
浦臼町交付なし---詳細を見る
浦河町交付なし---詳細を見る
浦幌町交付なし---詳細を見る
雨竜町交付なし---詳細を見る
江差町交付なし---詳細を見る
枝幸町交付なし---詳細を見る
恵庭市交付なし---詳細を見る
江別市交付なし---詳細を見る
えりも町交付なし---詳細を見る
遠軽町交付なし---詳細を見る
遠別町交付なし---詳細を見る
雄武町交付なし---詳細を見る
大空町交付なし---詳細を見る
奥尻町交付なし---詳細を見る
置戸町交付なし---詳細を見る
興部町交付なし---詳細を見る
長万部町交付なし---詳細を見る
小樽市交付なし---詳細を見る
乙部町交付なし---詳細を見る
音威子府村交付なし---詳細を見る
音更町交付なし---詳細を見る
帯広市新エネルギー導入促進補助金令和4年4月1日~令和5年1月31日経費の10分の1
(上限15万円)
・工事前申請詳細を見る
小平町交付なし---詳細を見る

か行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
上川町交付なし---詳細を見る
上士幌町交付なし---詳細を見る
上砂川町交付なし---詳細を見る
上ノ国町交付なし---詳細を見る
上富良野町交付なし---詳細を見る
神恵内村交付なし---詳細を見る
木古内町交付なし---詳細を見る
北広島市交付なし---詳細を見る
北見市住宅用太陽光発電システム導入費補助制度令和4年4月1日~令和4年6月24日一律10万円・応募多数の場合は抽選詳細を見る
喜茂別町交付なし---詳細を見る
京極町交付なし---詳細を見る
共和町交付なし---詳細を見る
清里町交付なし---詳細を見る
釧路市ecoライフ促進支援補助金令和4年度一律6万円・工事後申請詳細を見る
釧路町交付なし---詳細を見る
倶知安町交付なし---詳細を見る
栗山町交付なし---詳細を見る
黒松内町交付なし---詳細を見る
訓子府町交付なし---詳細を見る
剣淵町交付なし---詳細を見る
小清水町交付なし---詳細を見る

さ行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
札幌市再エネ省エネ機器導入補助金制度①令和4年5月11日~
令和4年7月13日
②令和4年9月1日~
令和4年11月9日
1kWhあたり2.2万円(上限8.8万円)・工事前申請
・抽選
詳細を見る
様似町交付なし---詳細を見る
更別村交付なし---詳細を見る
猿払村交付なし---詳細を見る
佐呂間町交付なし---詳細を見る
鹿部町交付なし---詳細を見る
鹿追町交付なし---詳細を見る
士別市交付なし---詳細を見る
標津町交付なし---詳細を見る
標茶町交付なし---詳細を見る
士幌町交付なし---詳細を見る
島牧村交付なし---詳細を見る
清水町交付なし---詳細を見る
占冠村交付なし---詳細を見る
下川町交付なし---詳細を見る
積丹町交付なし---詳細を見る
斜里町交付なし---詳細を見る
初山別村交付なし---詳細を見る
白老町交付なし---詳細を見る
白糠町交付なし---詳細を見る
知内町交付なし---詳細を見る
新篠津村交付なし---詳細を見る
新得町交付なし---詳細を見る
新十津川町交付なし---詳細を見る
新ひだか町交付なし---詳細を見る
寿都町交付なし---詳細を見る
砂川市交付なし---詳細を見る
せたな町交付なし---詳細を見る
壮瞥町交付なし---詳細を見る

た行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
大樹町交付なし---詳細を見る
鷹栖町交付なし---詳細を見る
滝川市交付なし---詳細を見る
滝上町交付なし---詳細を見る
伊達市交付なし---詳細を見る
秩父別町交付なし---詳細を見る
千歳市交付なし---詳細を見る
月形町交付なし---詳細を見る
津別町交付なし---詳細を見る
鶴居村交付なし---詳細を見る
天塩町交付なし---詳細を見る
弟子屈町交付なし---詳細を見る
当別町交付なし---詳細を見る
当麻町交付なし---詳細を見る
洞爺湖町交付なし---詳細を見る
苫小牧市住宅用新・省エネルギーシステム補助事業令和4年4月11日~令和5年3月末経費の10分の1
(上限12万円)
-詳細を見る
苫前町交付なし---詳細を見る
泊村交付なし---詳細を見る
豊浦町交付なし---詳細を見る
豊頃町交付なし---詳細を見る
豊富町交付なし---詳細を見る

な行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
奈井江町交付なし---詳細を見る
中川町交付なし---詳細を見る
中札内村交付なし---詳細を見る
中標津町交付なし---詳細を見る
中頓別町交付なし---詳細を見る
長沼町交付なし---詳細を見る
中富良野町交付なし---詳細を見る
七飯町交付なし---詳細を見る
名寄市交付なし---詳細を見る
南幌町交付なし---詳細を見る
新冠町交付なし---詳細を見る
仁木町交付なし---詳細を見る
西興部村交付なし---詳細を見る
ニセコ町交付なし---詳細を見る
沼田町交付なし---詳細を見る
根室市交付なし---詳細を見る
登別市交付なし---詳細を見る

は行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
函館市新エネルギー等システム設置費補助金令和4年度一律10万円・工事前申請
・抽選
詳細を見る
羽幌町交付なし---詳細を見る
浜頓別町交付なし---詳細を見る
浜中町交付なし---詳細を見る
美瑛町交付なし---詳細を見る
東神楽町交付なし---詳細を見る
東川町交付なし---詳細を見る
日高町交付なし---詳細を見る
比布町交付なし---詳細を見る
美唄市交付なし---詳細を見る
美深町交付なし---詳細を見る
美幌町交付なし---詳細を見る
平取町交付なし---詳細を見る
広尾町交付なし---詳細を見る
深川市交付なし---詳細を見る
福島町交付なし---詳細を見る
富良野市交付なし---詳細を見る
古平町交付なし---詳細を見る
別海町交付なし---詳細を見る
北斗市住宅用太陽光発電システム等設置補助金令和4年4月1日~令和5年1月31日1kWhあたり3万円
(上限15万円)
・工事前申請詳細を見る
北竜町交付なし---詳細を見る
幌加内町交付なし---詳細を見る
幌延町交付なし---詳細を見る
本別町交付なし---詳細を見る

ま行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
幕別町交付なし---詳細を見る
増毛町交付なし---詳細を見る
松前町交付なし---詳細を見る
真狩村交付なし---詳細を見る
三笠市交付なし---詳細を見る
南富良野町交付なし---詳細を見る
むかわ町交付なし---詳細を見る
室蘭市交付なし---詳細を見る
芽室町交付なし---詳細を見る
妹背牛町交付なし---詳細を見る
森町交付なし---詳細を見る
紋別市交付なし---詳細を見る

や行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
八雲町交付なし---詳細を見る
夕張市交付なし---詳細を見る
湧別町交付なし---詳細を見る
由仁町交付なし---詳細を見る
余市町交付なし---詳細を見る

ら行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
羅臼町交付なし---詳細を見る
蘭越町交付なし---詳細を見る
陸別町交付なし---詳細を見る
利尻町交付なし---詳細を見る
利尻富士町交付なし---詳細を見る
留寿都村交付なし---詳細を見る
留萌市交付なし---詳細を見る
礼文町交付なし---詳細を見る

わ行

市町村名事業名申請期間補助上限額条件公式HP
稚内市交付なし---詳細を見る
和寒町交付なし---詳細を見る

補助金の条件には各自治体によってルールが異なりますので、残りの予算や件数などを知りたい方は各自治体にご連絡下さい。

家庭用蓄電池の優良工事業者選びのポイント

優良販売施工店ってどうやって見極めるの?ポイントがあれば知りたいという方もいることでしょう。これから販売施工店選びのポイントを押さえておくことで、購入に失敗する確率は断然へ減ってきますので、覚えといておきましょう。そのポイントは7つあります。

優良販売施工店選びの7つのポイント
  1. 会社概要
  2. 蓄電池の知識や情報が詳しい
  3. 見積もり内容が細かく説明が明確
  4. 蓄電池メーカーの品揃えが多い
  5. 自社施工・メンテナンスがある
  6. アフターフォローや保証内容が充実している
  7. 口コミ

会社概要

会社概要は基本事項です。会社の基本情報が記載されていますので、把握しておきましょう。把握内容としては、「設立」「本拠地」「資本金」「事業内容」「資格」の5項目

設立

いつ会社ができたのか。社歴が短いよりは長いほうが良いです。特に太陽光業界の会社は2009年前後の設立会社が多いですが、あくまで太陽光発電の流行りに乗っただけではない事を見ることが大事です。そうなれば後は事業や資格などを見ることが必要です。

本拠地

本社はどこにあるかです。本拠地が地元であれば安心できますよね。本拠地ならそれなりの体制を整えていることが多いです。会社というものは「全国に支店がある=大きい会社=良い会社」というわけではありません特に家庭用蓄電池は工事が必要になりますので、各支店があっても工事した後も体制が整っているか聞いてみましょう

資本金

資本金は会社の規模にもなります。できれば3,000万円以上の資本金があれば良いです。資本金は銀行員の方も融資する際に見る項目です。なので、資本金が高ければ安心できるという点にもつながってきます

事業内容

どんな事業をメインとしてしているかです。例えば本事業が家電量販店は家電製品の販売が本事業です。家庭用蓄電池の販売もしていますが、工事は下請けに任せたり知識や情報も少ないので、不安になったりもします。またブームに乗った事業体型ですとお客様は不安になるでしょう。家庭用蓄電池は家のリフォームになってきますので、リフォーム事業や住宅に詳しい会社を選ぶのも一つの策です。

資格

家庭用蓄電池の工事は電気工事になります。なので、自社に電気工事士がいれば自社施工ができると判断して良いでしょう。また家庭用蓄電池を工事する際は壁に穴を開けたりとリフォームという意識を持っておかなくてはいけません。なので、建築士もいれば安心材料になってきます。

蓄電池の知識や情報が詳しい

営業マンは会社の顔です。営業マンの知識は会社の知識と一緒。知識や情報が乏しいと不安になりますよね。質問してもすぐ返答もらえなかったら知識が少ないと感じることでしょう。

家庭用蓄電池の説明をしに来ている以上は、蓄電池のことは知っておくべきだということです。

見積もり内容が細かく説明が明確

家庭用蓄電池を検討する際は販売店に見積もり依頼をしていきます。また、工事内容は各ご家庭によって変わってきますので、現場調査が必要になったりします

なので、見積もりの内容が1行や2行で表示することはあり得ないです。蓄電池に関わる費用は大きく分けて「製品費用」「設置費用」「電気工事費用」「申請費用」と4つあります。そこからさらに費用を明示していることがお客様目線の見積もりになってきます。見積もり内容が詳細だと安心できるでしょう。

蓄電池メーカーの品揃えが多い

蓄電池メーカーの品揃えが豊富な業者は、お客様に寄り添った提案ができます。例えば、蓄電池メーカーの品揃えが1社しかなければ、お客様に寄り添った提案ができず一方的に話をされてしまいます。

なので、蓄電池メーカーの品揃えが多い会社を選ぶこともポイントになります。

自社施工・メンテナンスがある

蓄電池の工事はどこの会社がするの?蓄電池工事は電気工事になります。なので、電気工事士は必須で自社工事なのか、下請けに任すのかで、その会社の体制がわかります

例えば不具合があったとき、お客様は販売店や営業マンに連絡をするでしょう。そうなったときに自社工事ならすぐ対応ができたりします。しかし下請けに任す場合は、対応が遅かったり販売店と下請けとの間でたらい回しになったりするケースもでてきます。なので自社工事してもらえる会社は、責任感の強い会社でもあり、お客様に寄り添った会社体制でもあるということですので、自社工事なのかは聞くようにしましょう。

アフターフォローや保証内容が充実している

定期的なアフターフォローが必要になってきます。設置した後に機器不良や故障した際に、対応してくれる業者なら安心して任せられるでしょう

また、保証内容も機器保証や動産保険、工事補償などがありますので、どこまで補償されるのかによって優良店かどうかが判断できます。少しでもリスクを無くした状態で導入していきましょう

口コミ

設置されたお客様の口コミは大事です。なんでその会社を選んだか、蓄電池の導入を決めたきっかけや工事内容はどうだったかなど、生の声が聞けたりします。

たくさん、口コミを持っている会社は良い会社だと言えます。もちろん、全ての方から良い評価をもらうのは、どの会社でも難しいことです。しかし、それが会社の改善点にも繋がってくることでしょう。ぜひ、口コミは見ていきましょう。

北海道で家庭用蓄電池のおすすめ工事業者

北海道でおすすめの蓄電池工事業者は特化型の地域販売施工業者になります。そこで効率良く蓄電池特化型の地域販売施工業者を探すなら一括見積もりで見積もりを依頼することが良いです。一括見積もりは蓄電池特化型の地域販売施工業者からの見積もりを取り寄せることができます。しかもソーラーパートナーズなら見積もりが無料で取れ、地元で評判の業者に出会えるので、良かったら活用してみて下さい

スポンサーリンク

-補助金