" />

メーカー 価格

ニチコン家庭用蓄電池の特徴・選び方・相場から最安価格/専門職が解説

ニチコンの蓄電池って良いの?って気になる方も多いことでしょう。また、ニチコンの蓄電池を提案されて本当にニチコンで良いのか悩んだりしますよね。

こんなお悩みを持っている人

  • ニチコンの蓄電池はどうなの?
  • どんな特徴があるの?
  • どれを選べばいいの?
  • 価格はいくらするの?

そんな不安を抱えている皆さんに、少しでも問題解決できるように分かりやすく蓄電池について解説していこうと思います。

 

管理人

【この記事の信頼性】

太陽光業界に12年以上いる運営者が、メーカーや販売業者、商社から色々情報を入手して、蓄電池の勉強をしたい人向けに、失敗しない家庭用蓄電池導入方法の解説をしています。

 

この記事はニチコンの蓄電池に特化した内容で、できる限りわかりやすくお伝えしていきます。

この記事を読むメリット

この記事を読んで頂ければ、ニチコンの蓄電池の良さがわかり、蓄電池の選び方もわかります。

 

ニチコンは単機能蓄電システムのラインナップが多いので、太陽光発電を付けたばかりの方やパワコンを取り替えたばかりの方におすすめのメーカーです。

特長しては、大容量で大出力、どんな環境でも設置がしやすく、電気自動車のV2Hにも対応しています。

ハイブリッド蓄電システムは12kWhのみなので、蓄電容量が合う方はおすすめですが、ハイブリッド型蓄電池で蓄電容量は小さくても良いとなればシャープ長州産業の蓄電池になってくるでしょう。

単機能蓄電システムを検討の方は、検討材料の1つとして見積もりを取ることをおすすめします。

タイナビなら最大5社の無料見積り

ニチコン蓄電池の無料見積りはコチラ

比較して最安値を見つけよう!


ニチコンで未来のライフスタイル

ニチコンは、家庭用蓄電池だけではなく公共・産業用蓄電システムも取り扱っている蓄電池メーカー。ここ数年では販売台数も国内上位クラス。「電気を蓄え、上手につかうテクノロジー」のトップメーカーとして、常に先の価値を提供してきています。その1つとして業界最大クラスの蓄電容量

また環境問題、日本のエネルギー問題から、一般住宅の未来まで考えている蓄電池なのです。

では、ニチコンの蓄電池の説明をしていきます。

 

ラインナップ

ニチコンの蓄電池は、単機能蓄電システムのラインナップが充実しています

単機能蓄電システムの容量は4.1kWh、11.1kWh、12.0kWh、16.6kWhまで4つのラインナップがあります。

ハイブリッド蓄電システムは、12.0kWhの1つです。

またV2Hと連携ができる11.1kWh、16.6kWhがあり、V2Hがセットになったトライブリッドの商品を揃えています。

ニチコンの蓄電池は、蓄電池用のパワーコンディショナと蓄電ユニットが一体型になっています。なので、基本的に蓄電池本体のみを据え付ける格好になります。

 

単機能蓄電システム

ニチコンの単機能蓄電システムの容量は4.1kWh、11.1kWh、12.0kWh、16.6kWh。単機能なので、今の太陽光発電に追加で蓄電池を設置していくイメージになります。容量によって停電時の対応は特定負荷と全負荷が選択できます

型番

容量

実効容量

大きさ

(mm)

重量

停電対応

ESS-U3S1

4.1kWh

3.3kWh

W740

H650

D300

77kg

特定負荷

ESS-U3S1J

(重塩害対応)

ESS-U2M1

11.1kWh

9.4kWh

W1060

H1250

D300

182kg

特定負荷

ESS-U4M1

190kg

全負荷型

ESS-U2L2

12.0kWh

10.3kWh

W1060

H1250

D300

226kg

特定負荷

ESS-U2X1

16.6kWh

14.2kWh

W1060

H1250

D300

234kg

特定負荷

ESS-U4X1

14.4kWh

236kg

全負荷型

管理人
単機能蓄電池は太陽光の設置時期がまだ浅い方や太陽光発電のパワコンを交換したばかりの方向けです。

 

ハイブリッド蓄電システム

ニチコンのハイブリッド蓄電システムの容量は12.0kWh。ハイブリッド型蓄電池でもハイブリッドパワーコンディショナと蓄電ユニットが一体型になっています。停電時の対応は全負荷。

型番

容量

実効容量

大きさ

(mm)

重量

入力回路数

停電対応

ESS-H2L1

12.0kWh

10.3kWh

W1060

H1250

D300

254kg

4回路

全負荷

管理人
太陽光発電をセット検討している人や太陽光発電を設置済でパワーコンディショナの取替を考えている人向けです。

 

V2H連携型

ニチコンにはV2H連携型の蓄電池があります。容量帯は11.1kwh、16.6kwhの全負荷モデル

V2Hとは

EV車(電気自動車)の電気を家に給電するシステムになります。EV車のパワーコンディショナの役割です。

管理人
ご家庭にEV車(電気自動車)がある場合は、非常時にとても利便性が良いので、おすすめできる商品。

 

トライブリッド

トライブリッドとは、電気を溜める蓄電池とEV車(電気自動車)の電気を家に給電するV2Hが組み合わさった商品です。

昼間に太陽光発電で創った電気をご家庭で活用したり、EV車(電気自動車)に電気を溜めたりしていきます。またEV車(電気自動車)に溜まった電気を夜間にご家庭で使うことで自給自足を目指していきます。

管理人
EV車(電気自動車)を持っている方で、電気の自給自足をしたい方向けです。

 

多彩な太陽光と連携

単機能蓄電池だからこそ、多彩な太陽光と連携ができます

蓄電池用のパワーコンディショナと蓄電ユニットが一体型になっている単機能型なので、国内メーカー、海外メーカー、燃料電池とも接続が可能です。

 

ニチコンの特長3選

ニチコンの蓄電池はいくつか良い点がありますが、他のメーカー比較した中で特長になるものを3選挙げていきます。

  1. 業界最大クラスの大容量&高出力
  2. 幅広い環境に強い
  3. 電気自動車のV2Hにも対応

では、解説していきます。

 

業界最大クラスの大容量&高出力

ニチコンのラインナップは、ほとんどが10kWh以上の蓄電容量です。また12kWhのハイブリッド蓄電システムは太陽光充放電5.9kW、自立運転出力5.9kWという高い充放電能力を持っています

下図のように出力は蛇口の大きさになってくるので、大きければ一度にたくさんの電気を使うことができるのです。

大容量や高出力によって、太陽光発電の余った電気を溜める時間も早く、停電時も出力が高いので、あらゆる家電製品を同時に使うことが可能です。

そうなれば、「もしもの停電時にも安心」して電気が使えるのです。

 

幅広い環境に強い

ニチコンのハイブリッド蓄電システムは、幅広い環境にも対応しています暑い地域、寒い地域などの温度が「-30℃~+40℃」までなら問題なく屋外設置が可能です。

また直射日光が当たりやすい南側に設置するスペースしか無いときには、オプションの日よけボードを付けることで解決できるでしょう

 

電気自動車のV2Hにも対応

ニチコンの11.1kwh、16.6kwhの全負荷モデルはV2Hと連携して併用運転が可能です。

蓄電池とV2Hがどう運転するのかイメージがつきにくい方もいるかと思います。

下図は通常時の運転(昼間)と停電時の運転(昼間)のイメージ図です。

お昼間の通常運転時は、まず太陽光発電で発電した電気を家で使います。その次に余った電気は電気自動車に充電し、それでも余った電気があれば蓄電池に充電していきます。更にそれでも電気が電気が余れば、電力会社に送電するという流れです。

お昼間に停電が起きた場合は、蓄電池は停電を感知し数秒後に放電を開始します。そして太陽光発電のパワコンが起動し始めると発電した電気を家で使います。足らない電力は蓄電池の方から方でしていき、更に足らないときは電気自動車に溜まっている電気を手動で放電することができます。

 

運転モード

ニチコンの蓄電池の運転モードって、どういったモードがあるのでしょうか。蓄電池の動き方やモードが気になりますよね。ニチコンの蓄電池運転モードは2つです。

  1. 経済モード
  2. グリーンモード

では見ていきましょう。

 

経済モード

経済モードは、FIT期間中の使い方になります。太陽光発電で余った電気は電力会社に売ることができます。そして蓄電池の活用方法は、夜間の安い電気を充電し、夜間時間帯以外の割高な時間帯に放電して節約していきます。経済性を重視したエコノミー設定になります。

管理人
余った電気は売ってお得になるってことです。

 

グリーンモード

グリーンモードは、FITが終わった後の使い方になります。太陽光発電で余った電気を蓄電池に溜めて消費量が多い時間帯に使っていきます。環境を重視したエコロジー設定になります。

管理人
電気の自給自足で電気代が高騰しても助かりますね。

 

安心の15年保証

ニチコンの蓄電システムは、安心の15年保証があります。できる限り安心して長く使いたいと思う方は多いです。そのため短い保証よりは長い保証が良いですよね。

なので、15年保証というの心強いことでしょう。

※室内リモコンは5年保証

 

安心サポート

室内リモコンをご自宅のインターネットに接続すれば、蓄電システムの状態を24時間分析してくれますメンテナンスを行ったり、新しいファームウェアをダウンロードするなど、常に安全を見守ってくれるのです。

また電力会社の遠隔出力抑制ルールに、ネットワーク経由で機器のソフトウェアをアップデートして対応可能。

そして将来的にはスマートメーターと接続し、HEMSの代わりとなってデマンドレスポンスに対応することも可能です。

管理人
24時間分析して見ててくれていたら安心できますね。

 

ニチコン蓄電池の選び方

特長はわかっても、どうやって自分の家にあったプランを選べば良いの?って思うことでしょう。

なので、ニチコンの蓄電池をどう選べばよいかシミュレーションしていきます。

【お客様の家族構成、ライフスタイル】

家族構成:父、母、子2人

電気代:12,000円

インフラ設備:オール電化

太陽光発電設置年数:10年

管理人
【例】で太陽光発電メーカーは海外メーカー(カナディアン・ソーラー)だったとしてシミュレーションしていきます。

 

現状把握

ここからは、運営者がお客様にヒアリングをしながらプランを決めていきます。

 

太陽光発電メーカー

太陽光発電メーカーを知ることは、蓄電池メーカーとの相性を聞くためです。相性が悪いメーカーも合ったりします

ただしニチコンの単機能蓄電システムが良いという方は、現状の太陽光発電との相性とかは見なくて良いので、【停電対策】まで飛んでいただいて大丈夫です

なので、ハイブリッド蓄電システムが良いという方は現状の太陽光発電メーカーとの相性の問題のみなってきます。

【関連記事】太陽光発電メーカーがシャープでハイブリッド型蓄電池希望の方はこちら

【関連記事】ハイブリッド型蓄電池で容量を抑えたいという方はこちら

管理人
今の太陽光発電のメーカーはなんですか?

カナディアン・ソーラーの太陽光発電を付けています。
相談者

 

太陽電池モジュール(パネルの型番)

パネルの型番を知ることは、ハイブリッドパワコンの1回路に何枚まで入力することができるかという点です。

管理人
太陽光発電のパネルの型番はなんですか?また枚数を教えて下さい。

パネルの型番はCS5A-190M (bf)が24枚

相談者

ポイント

パネルの型番を知りたい時は、保証書に載っていますので確認しましょう。

 

回路数

太陽光のパネルは何枚かが束になって構成されており、その束を「1回路」として接続箱というものに接続されています。ハイブリッド型蓄電池にしたい場合は、接続できる回路の本数が決まっていますので、確認する必要があります

管理人
何回路の接続箱を使ってますか?もしわからない場合は、接続箱の型番を教えて下さい。

何回路とかはわからない。接続箱の型番はKTN-CBS4C-R
相談者

管理人
このKTN-CBS4C-Rは最大4回路ですね。

注意

接続箱の回路数が最大4回路なので、もしかしたら実際使用している回路が2回路とか3回路のケースもありますので、現場確認したほうが確実です。

管理人

ニチコンのハイブリッド蓄電システムは1機種しかないので、相性が合えばプランはすんなりと決まります。ちなみにESS-U2L1の型番になります。

では次からは単機能蓄電システムの決め方を行っていきます。

 

停電対策

まずは停電時にどこの電気が使いたいかです。特定負荷、全負荷がありますので、選んでいきましょう

管理人
万が一、停電が起きた時に家の一部だけ電気が使えたら良いか、200VなどのIHクッキングヒーターなどが使えるのどちらが良いですか?

停電時には最小限使えればいいので一部の電気だけで大丈夫です。
相談者

管理人
でしたら、特定負荷型の蓄電池になります。

【関連記事】家庭用蓄電池は災害時に活躍してくれる!知っておくべき注意点と全負荷・特定負荷の違い

 

容量選び

蓄電容量の選び方は、売電量と電気使用量の両方見ていく必要があります

管理人
今、月平均の売電量と割高の時間帯の月平均の電気使用量はいくらありますか?

売電量は月平均400kWhで、電気使用量はだいたい300kWhぐらいです。
相談者

管理人

売電量目線でいけば13kWhの蓄電容量になりますが、電気使用量が300kWhなので使い切れないですね。

逆に、電気使用量目線でいけば、10kWhの蓄電容量になりますが、売電量が400kWhなのであふれる電気がでてきます

なので、10kWh~13kWhの間の蓄電容量が目安になってきますが、12kWhの蓄電池なら実効容量が10.3kWhなので、12kWhの蓄電池が良いですね

ということは、商品は単機能蓄電システムの12kWh(型番:ESS-U2L2)に決まったということですね。
相談者

 

設置場所

商品が決まりましたので、次は設置場所になります。設置場所を決める機器は、「蓄電ユニット」「室内リモコン」「特定負荷用分電盤」

  • 蓄電池ユニット

蓄電ユニットは屋外設置になります。また重量が250kgありますので基礎が必要になってきます。

注意

重量が226kgもあるのに簡易基礎で済まそうとする業者もありますので、本基礎にすることをおすすめします。

【簡易基礎】

【本基礎】

  • 室内リモコン

室内リモコンは屋内の壁掛けになり蓄電池ユニットと有線でつなぎます。なので配線が通れば給湯器のモニターやインターホンのモニターと並べても良いですし、よく見たりする場所にかけても良いでしょう。

  • 特定負荷用分電盤

住宅用分電盤から特定の回路を取り特定負荷用分電盤につなぎますので、住宅用分電盤付近が良いです。

管理人
見た目が大事ですよね。工事後はずっとその見た目なので、できる限り隠蔽配線が良いです。ここは業者によって全く内容が違ってきますので、工事業者選びは重要ということです。

お客様目線で、工事内容を考えてくれる工事業者が良いですね。
相談者

 

ニチコンのラインナップ価格

では最後に価格です。商品と工事内容が決まりましたので、設置費用が出ますね

 

管理人
この商品での内容は、4,862,000円です。(※あくまでメーカー価格表示)

わかりました。相場がわからないので、他社からも見積もりを取りますので、考えさせて下さい。
相談者

ポイント

いきなり契約はせず、相見積もりを取ることは非常に大事。契約を迫られても、その場で契約はしないようにしましょう。

タイナビなら最大5社の無料見積り

ニチコン蓄電池の無料見積りはコチラ

比較して最安値を見つけよう!

 

単機能・ハイブリッド蓄電システムの価格帯

型番

容量

実効容量

停電対応

参考価格帯

ESS-U3S1

4.1kWh

3.3kWh

特定負荷

税込み110万円前後

ESS-U2M1

11.1kWh

9.4kWh

特定負荷

税込み170万円前後

ESS-H2L1

12.0kWh

10.3kWh

全負荷

税込み250万円前後

ESS-U2X1

16.6kWh

14.2kWh

特定負荷

税込み265万円前後

 

トライブリッドの価格帯

 

まとめ

今回は、ニチコンの蓄電池を解説をしてきました。ニチコンの蓄電池は、常に上位の出荷台数を誇っています。

大容量の蓄電池がメインで4.1kWh、11.1kWh、12.0kWh、16.6kWhがあります。

11.1kWh、12.0kWh、16.6kWhは、全負荷型蓄電池にも対応しています。

ハイブリッド型蓄電池は12.0kWhのみです

ニチコンの特長は、業界最大クラスの大容量&高出力、幅広い環境に強い、電気自動車のV2Hにも対応しており、自給自足するのに強いメーカーです。

保証に関しても無償15年保証が付いているプランもあるので、コストカットもできる。

単機能蓄電システムは、多彩な太陽光発電と連携ができるので、ほとんどのメーカーでも設置が可能です。

なので見積もりを取る際は、ニチコンの蓄電池も材料の1つとして検討してみるのも良いでしょう

少しでも実質負担を下げて導入するには、相見積もりを取ることは必須です。

最大5社まで蓄電池の見積もりが無料で取れますし、メールのみでのやり取りも可能な「タイナビ」が良いでしょう

タイナビなら最大5社の無料見積り

蓄電池の無料一括見積りはコチラ

比較して最安値を見つけよう!


-メーカー, 価格

© 2021 家庭用蓄電池.com Powered by AFFINGER5