" />

施工販売店

全国で家庭用蓄電池のおすすめの業者・会社(見積もりサイト)は?/見積内容も解説

スポンサーリンク

家庭用蓄電池の見積もりを取りたいけど、どこの業者に頼めば良いのか迷いますよね。また見積もり取ったけど、見方がわからないという方もいることでしょう。

 

こんなお悩みを持っている人

  • 人気の業者・会社(見積もりサイト)が知りたい
  • 見積内容の見方が知りたい

そんな迷っている方に、オススメできる業者・会社(見積もりサイト)を紹介していきます。

また、見積もりとったけど、見方が分からないという方も、解決できるように説明していきます。

 

管理人

【この記事の信頼性】

太陽光業界に2009年から活動している運営者が、メーカーや販売業者、商社から色々情報を入手して、蓄電池の勉強をしたい人向けに、失敗しない家庭用蓄電池導入方法の解説をしています。

 

この記事は、人気のオススメできる業者・会社(見積もりサイト)の紹介と見積書の見方を解説しています。

この記事を読むメリット

この記事を読んで頂ければ、優良店で家庭用蓄電池が最安値で導入できることでしょう。

 

個々の業者・会社に見積もり依頼をすることも良いですが、蓄電池の相場がわからない方は難しいので、おすすめの見積もりサイトを活用して優良店と相見積もりを取れば、優良店で安く蓄電池を設置することが可能です。上手に見積もりサイトと見積書を活用していけば、失敗することはほぼ無くなることでしょう

蓄電池のおすすの会社・業社なら見積もりサイトを活用

家庭用蓄電を検討するにあたって会社・業社選びってどこが良いのか、たくさんあって悩みますよね。すべての見積もりサイトに依頼してしまうとんでもない数の見積もりが来ますし、その前にたくさんの業者から連絡が鳴りっぱなしで困ることになるでしょう。そうならないためにも、オススメできる人気の一括見積もりサイトを3つ紹介していきます。

各都道府県の家庭用蓄電池の販売施工店の一覧で、自分の住んでいる地域にどんな会社があるのか分かりますので、会社選びの参考にしてみて下さい。

 

ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズの人気理由は、厳しい審査を通過した自社施工のみの販売施工店の見積もりを取ることが可能です。自社施工の良いところは「価格面」と「工事内容」が良い特徴があります。

また「NHK」や「フジテレビ」などのメディア出演もありますので、業界では知られている見積もりサイトになります。地元で良い施工販売店をお探しの方は良いサービスと思うことでしょう。

地元で評判の業者に出会える

ソーラーパートナーズの公式HPはコチラ

比較して最安値を見つけよう!

 

タイナビ蓄電池

タイナビ蓄電池の人気理由は、選び抜かれた販売施工店を最大5社まで見積もりを取ることが可能です。良い業者だけを集めて見積もりが取れるので安心できますよね。

そうしたことで、「安心して利用しやすいサイトNo.1」「利用して良かったユーザー満足度No.1」「見積り価格満足度No.1」を獲得しています。(日本マーケティングリサーチ機構調べ)

電気量・パネル容量・メーカー名の提出で直接会わずに見積もりを取ることもできますので、時間がない方や会うのが嫌という方にとっては良いサービスですね。

タイナビなら最大5社の無料見積り

タイナビの公式HPはコチラ

比較して最安値を見つけよう!

 

グリエネ

グリエネの人気理由は、事前に自分の地域の販売施工店が確認できるので、安心して申し込むことができます

また、入力することがめんどくさいという方に関しても、30秒あれば見積もり依頼をすることができます

グリエネなら30秒で見積り依頼

グリエネの公式HPはコチラ

比較して最安値を見つけよう!

 

家庭用蓄電池が購入できる店は?

本題に入る前に家庭用蓄電池って実際どこで買えるの?と言うご質問も多いので解説しておきます。家庭用蓄電池が購入できるお店は6種類あります。家にいながらネット通販する方法から、お店に出向く方法など選択肢があります。その購入できるお店の特徴を解説していきます。

蓄電池が購入できる6つ種類

  1. ネット通販
  2. 家電量販店
  3. ハウスメーカー
  4. 訪問販売
  5. 蓄電池販売店
  6. 蓄電池特化型の地域販売施工店

 

ポータブル型蓄電池なら「ネット通販」

ポータブル型蓄電池を検討されているのならネット通販で購入できます家庭用蓄電池のタイプは3つに分かれており「ポータブル型蓄電池」「単機能型蓄電池」「ハイブリッド型蓄電池単機能型蓄電池とハイブリッド型蓄電池は工事が必要なので、ネット注文で商品だけを買っても工事だけをしてもらえる店はほとんどありません。なぜなら販売店が製品に保障がつけれないので、何かあった時にリスクになるからです。なので、ネット通販で家庭用蓄電池を購入する場合は、工事不要のポータブル型蓄電池になってきます。

 

こだわりがないなら「家電量販店」

こだわりがなければ家電量販店で家庭用蓄電池を購入することができます家電量販店は家電製品を販売する店舗型の店になりますが、蓄電池メーカーの品揃えやタイプ、機能が限られてきます。なので、ご家庭のライフスタイルに見合った蓄電池を探すのが大変になってきます。また、工事する会社は家電量販店ではなく協力業社になりますので、業者に全て任したい方や何かあった時の対応は早くしてほしいという方はデメリットになってくるでしょう。しかしメリットとしては地域にある家電量販店なので、信頼性はあることでしょう。

 

信用で選ぶなら「ハウスメーカー」

信頼で選ぶなら家を建ててもらったハウスメーカーや工務店にお願いして購入することができます自宅の設計にも携わってくれているので、安心感は出てきます新築時に太陽光発電と蓄電池を同時に設置する場合は、断然オススメできる方法です。しかし費用面と工事面に関してはデメリットになってきます蓄電池の工事は電気工事になりますので、大工さんなどが工事をする訳ではありません。なので、ハウスメーカーに依頼するとハウスメーカと下請け業者のマージンが発生しますので、費用面は必ず高くなります。また工事も下請け業者なので蓄電池の施工実績は少ないという点が挙げられます。

 

調べるのが面倒なら「訪問販売」

自分で調べるのが面倒なら訪問販売が来た時に話を聞いて大丈夫なら工事を依頼して購入することができます。太陽光発電を設置している方は、一度は家庭用蓄電池の営業がきたことがある方もいるかもしれません。しかし、本当に信用して良いのか悩む方も多いことでしょう。ただ自分で調べて販売店を探すのも苦手という方がいるのも事実です。しかし優良店なのか良い営業マンなのかを見極める力は必要ですが、ポイントさえ把握しておけば優良店を見つけることも可能です。

 

地元企業が良いなら「蓄電池販売店」

地元企業が良いなら地域密着型の蓄電池販売店を探し、依頼することで購入することができます地元の業者なので聞いたことのある会社なら安心して任せられるでしょう。ただ、営業マンの知識や施工業者は蓄電池販売店でも得意不得意がでてきます。どういった会社が蓄電池販売店かというと簡単に言えば「一様、蓄電池の販売もしています」というスタンス。なので、取り扱いメーカーの品揃えも少なかったりします

 

全てのリスクを回避するなら「蓄電池特化型の地域販売施工店」

安心して購入したいのなら全てのリスクを回避できる蓄電池特化型の地域販売施工店に依頼して購入することができます一番良い蓄電池の販売施工店と言えるでしょう。そういった販売店は競合の価格も把握しており営業マンの知識も豊富です。また工事の施工実績も多いので、工事も自社工事が多いです。ただ1つデメリットを挙げるとしたら、自宅の近くに店舗がなく何かあった時の対応時間がかかるケースも出てきたりすることでしょう。これは地域性にもよりますが許容範囲という方は蓄電池特化型の地域販売施工店がオススメです。

 

 

見積書の見方

見積書の見方がわからなかったりすることないですか?しかも見積書が簡易的すぎる販売店もあったりします。そうした時は、見積内容を解説してもらうことが大切です。

本当にその内容で合っているのか、漏れなどないかを見ることも重要です。見積書の見方としては、概ね4項目に分かれてきます。

見積書の4項目

商品代

据付工事費

電気工事費

申請費用

では、解説していきます。

 

商品代

商品代は各メーカーが発売している商品になります。メーカーによって製品の内容や特徴が違いますので、各メーカーによって金額は変わってきます。

蓄電池を設置する際の商品は、蓄電池ユニット、パワーコンディショナ又はハイブリッドパワーコンディショナ、通信ユニット(モニター)が主な商品になってきます。

 

蓄電池ユニット

蓄電池ユニットは、電気を溜めるためのバッテリーになります。メーカーによって屋内設置や屋外設置があります

 

 

パワーコンディショナ

パワーコンディショナは単機能型の場合とハイブリッド型の場合によって、設置するパワーコンディショナが変わってきます単機能型蓄電池の場合は蓄電池用パワーコンディショナで、ハイブリッド型蓄電池の場合はハイブリッドパワーコンディショナになります。

 

通信ユニット(モニター)

通信ユニットとは、発電状況や家の消費電力をモニターに送るための商品になります。これは各メーカーによって、変わってきます。シャープや伊藤忠商事などは、モニターの設置のみで大丈夫です。

 

据付工事費

設置工事は、商品をどこに設置するかによって費用が変わってきます

 

蓄電池ユニット

まずは蓄電池ユニットから見ていきましょう。

 

【屋外設置】

蓄電池ユニットを屋外に設置する場合は、メーカーによりますが、蓄電池ユニットがコンパクトだったり軽い場合は簡易基礎で大丈夫です。

 

【屋内設置】

蓄電池ユニット屋内設置の場合は、床の強度が必要で壁や床に固定したりします

 

パワーコンディショナ

単機能型蓄電池の蓄電池用パワーコンディショナやハイブリッド型蓄電池のハイブリッドパワーコンディショナは屋外の外壁設置になります。

 

通信ユニット(モニター)

通信ユニットは、屋内設置でだいたい脱衣所や分電盤の近くの設置が多いです。

 

電気工事費

蓄電池を設置する際に発生する工事は「電気工事」になります。工事内容にもよりますが、だいたい2~3名で行っていきます。

 

電気工事に必要な配線工事の内容は以下

  • 蓄電池ユニットに電気を溜めるための配線工事
  • 蓄電池ユニットに溜まった電気を家庭内に供給できるようにする配線工事
  • 太陽光パネルとパワーコンディショナを接続する配線工事
  • 通信ユニットやモニターの配線工事
  • 停電になったときに電気が使えるようにする分電盤の配線工事

といった電気工事が発生してきます。

停電用の分電盤で、特定負荷型と全負荷型がありますが、設置するものや工事内容は変わってきます。

 

特定負荷型

特定負荷型は、家に設置してある分電盤から停電時に使用したいブレーカーを選び、特定負荷用の分電盤につないでいきます

 

全負荷型

全負荷型は、自動切替盤というBOXを家に設置してある主幹のブレーカーにつないでいきます

 

申請費用

申請に関する費用は、事務的な費用になってきます。その中で、まず必要なのが申請費用になります。どんな申請が必要かと言いますと「電力申請」と「事業計画認定申請」が必要です。

 

電力申請

電力申請とは、各地域の電力会社との接続契約にかかわる申請の手続きになります。電力会社に申請するとパワーコンディショナに入力をしないといけない数字の制定値というもの降りてきます。

 

事業計画認定申請

事業計画認定とは、簡単に言うと国に申請する手続きになります。その中で、変更認定変更というものがあり、FIT(固定価格買取制度)の認定時に届け出た内容に変更があるときに行う手続きになります。

 

補助金申請

補助金申請は、国の補助金や各自治体の補助金で提出方法が異なってきます

国の補助金は各自治体の補助金より提出書類が多いです。複雑な申請になることが多いので、費用がかかっても業者に任せたほうが良いでしょう。しかし、補助金が出ているにも関わらず、説明しない業者もありますので、最新情報を調べる必要があります

 

人気のある蓄電池メーカーの見積もり内容

見積内容を参考にして各人気メーカーの見積もり内容を見ていきましょう。各メーカーによって使う機器は違ったりしますので、見積内容も変わってくるはずです。

※ここでは、メーカー希望価格での見積内容にしていますので、金額は参考にしないで下さい。

【よく読まれている記事】

家庭用蓄電池13メーカーを比較!専門家が11項目を調査してみた結果

続きを見る

 

シャープの見積もり内容【6.5kWhの全負荷バージョン】

シャープの見積もり内容について。商品項目の代表型番があり、組み合わせによって見積内容が変わってきます。

【シャープ】家庭用蓄電池の特徴・選び方・相場から最安価格/専門職が解説

続きを見る

 

ニチコンの見積もり内容【12.0kWhの全負荷バージョン】

ニチコンの見積もり内容について。単機能型なので、商品項目自体は少ないです。

【ニチコン】家庭用蓄電池の特徴・選び方・相場から最安価格/専門職が解説

続きを見る

 

伊藤忠商事(スマートスターL)の見積もり内容【9.8kWh】

伊藤忠商事(スマートスターL)の見積もり内容について。単機能型なので、商品項目自体は少ないです。

【スマートスター】家庭用蓄電池の特徴・選び方・相場から最安価格/専門職が解説

続きを見る

 

長州産業の見積もり内容【9.8kWhの全負荷バージョン】

長州産業の見積もり内容について。商品項目は各組み合わせによって見積内容が変わってきます。

【長州産業】家庭用蓄電池の特徴・選び方・相場から最安価格/専門職が解説

続きを見る

 

パナソニックの見積もり内容【11.2kWhの全負荷バージョン】

パナソニックの見積もり内容について。商品項目は各組み合わせによって見積内容が変わってきます。

【パナソニック】家庭用蓄電池の特徴・選び方・相場から最安価格/専門職が解説

続きを見る

 

太陽光発電の見積もり内容

太陽光発電の見積内容はどんな項目があるのだろうか。そんな気になる方に太陽光発電の見積内容を解説していきます。太陽光発電の見積内容は項目として9つあります

※メーカーやプランによって変わったりしますのでご了承下さい。

太陽電池モジュール(パネル)、架台、パワーコンディショナ、接続箱、モニター、パネル設置工事費、据付工事費、電気工事費、申請費用

 

まとめ

蓄電池の業社・会社選びって迷う方が多いです。そんな中、自分の住んでいる地元の業者と人気の一括見積もりサイトを活用すると良いです。そのおすすめの見積もりサイトは「ソーラーパートナーズ」と「タイナビ」、「グリエネ」になります。

ソーラーパートナーズの人気理由は、自社施工で地元の優良な施工販売店で見積もりを取ることが可能です。

タイナビ蓄電池の人気理由は、販売施工店を最大5社まで見積もりを取ることが可能です。

グリエネの人気理由は、事前に自分の地域の販売施工店が確認できるので、安心して申し込むことができます

見積書の見方としては、概ね4項目に分かれてきます。

見積書の4項目

  • 商品代
  • 据付工事費
  • 電気工事費
  • 申請費用

各メーカーの一部の見積もりを目安とし作成しています。金額はメーカー機能価格ですが、項目としては、①商品台、②据付工事費、③電気工事費、④申請費用が記載されていることでしょう。

見積もりを取得しても、少しでも良い商品を安く、どこかおかしい金額や内容がないかも確認しながら、失敗しないように家庭用蓄電池を導入していきましょう。

スポンサーリンク

-施工販売店