" />

メーカー 新着記事 機能

ジンコソーラーの蓄電池ってどうなの?口コミ・評判・機能性を解説

スポンサーリンク

ジンコソーラーの蓄電池って良いの?どうなの?って気になっていませんか。口コミや評判、機能性が知りたいと思うことでしょう。

 

こんなお悩みを持っている人

  • ジンコソーラーの蓄電池ってどうなの?
  • 口コミや評判が知りたい
  • 機能性はどうなの?

そんな不安を抱えている皆さんに、少しでも問題解決できるように分かりやすくジンコソーラーの蓄電池について解説していきます。

 

管理人
【この記事の信頼性】

太陽光業界に2009年から活動している運営者が、メーカーや販売業者、商社から色々情報を入手して、蓄電池の勉強をしたい人向けに、失敗しない家庭用蓄電池導入方法の解説をしています。

 

この記事は、ジンコソーラー蓄電池の導入の決め手や導入してみた感想、機能性をまとめましたので、お伝えしていきます。

この記事を読むメリット

この記事を読んで頂ければ、ジンコソーラー蓄電池の導入の決め手や導入された後の感想、機能性が分かりますので、検討材料や導入の決め手の参考になることでしょう。

 

ジンコソーラーの蓄電池の口コミや評判は良いですが、中国メーカーという点で気になる方もいるみたいです。

選んだ理由としては、「価格が安かった」「メンテナンス体制が良かった」「外壁に機器が付かなかったから」などの声があります。

導入してみた感想は、「電気代が安くなった」「停電を経験して安心できた」「価格が安いけど少し不安」などが見えてきます。

ジンコソーラーのSUNTANK蓄電池のラインナップは全負荷型ハイブリッド蓄電池で、蓄電容量は6.1kWh・9.2kWh・12.3kWhになります。

機能性の特徴は7つあり「選べる蓄電容量」「全負荷タイプ」「ハイパワーの充電力」「幅広い使用環境」「長寿命」「15年製品保証」「アフターサポート体制」になります。

機能も充実していますので、価格重視で全負荷型ハイブリッド蓄電池が良いというご家庭はジンコソーラーのSUNTANK蓄電池を検討してみても良いでしょうまた少しでも実質負担を下げて導入するには、相見積もりを取ることは必須です。ソーラーパートナーズなら最大3社の見積もりが無料で取れ、地元で評判の業者に出会えるので活用してみて下さい

特定負荷型ハイブリッド蓄電池が良い方は下記の記事を参考にしてみてください

特定負荷型ハイブリッド蓄電池はどこのメーカーがおすすめ?専門家が徹底解説

ソーラーパートナーズなら地元で評判の業者に出会える

ソーラーパートナーズ公式見積はコチラ

比較して最安値を見つけよう!

 

ジンコソーラーってどんな会社?

ジンコソーラーは中国で2006年に設立された太陽光パネル製造メーカーになります。日本にも2013年に東京と大阪に支社ができ、世界に30カ国以上に太陽光パネルを供給太陽光パネルの販売で世界トップシェアの実績があります。

 

ジンコソーラーの蓄電池を選んだ理由/口コミ

ジンコソーラーの蓄電池を選んだ理由の口コミは以下になります。

・価格が安かったので決めました。

・メンテナンス体制が良かったから。

・メンテナンスフリーだったので決めた。

・外壁に機器を付けなくて良かったから。

・おすすめされたので決めました。

 

選んだ理由①:価格が安かった

価格が安かったのでジンコソーラーの蓄電池に決めました。もちろん中国メーカーに違和感はありましたが、保証も付いていたので良いかなと思ったのが正直な気持ちです。

 

選んだ理由②:メンテナンス体制が良かった

設置した後も安心して使いたかったので、メンテナンス体制が整っているSUNTANKにしました。もちろん設置業者も相見積もりで比較して納得して決めたので良かったと思っています。

 

選んだ理由③:外壁に機器が付かなかったから

私は外壁に機器を付けたくなかったので、ジンコソーラーの蓄電池にしましたこだわった外壁なので、要望通りの蓄電池があって良かったです。

 

ジンコソーラーの蓄電池を導入してみた感想/評判

ジンコソーラーの蓄電池を導入してみた感想は以下になります。

・電気代が安くなった。

・停電を経験して安心できました。

・12kWhもあるのに意外とコンパクトです。

・監視してくれているので安心。

・価格が安価ったけど少し不安。

 

導入の感想①:電気代が安くなった

蓄電池を設置して電気代が安くなりました。最初は6kWhにしようかなとも思いましたが、どうせ設置するなら電気代も高いので、12kWhの蓄電池にして良かったです。

 

導入の感想②:停電を経験して安心できた

つい先日停電になって蓄電池の電気を使って対応ができて良かったです。このご時世、どこで何が起こるかわからないので、設置して良かったです。

 

導入の感想③:価格が安いけど少し不安

価格が安かったので決めましたが、後から中国メーカーと聞いてちょっと不安です。初めから知っておいたら・・・。これから何も故障など起こらないことを祈っておきます。

 

ジンコソーラーのSUNTANKシリーズ

ジンコソーラーの蓄電池は、産業(C&I)向け蓄電池やUtility向け蓄電池、家庭用蓄電池と幅広く事業展開しています。家庭用蓄電池としては、「SUNTANKシリーズ」になります。ではSUNTANKについて解説していきます。

 

システム構成と仕様

SUNTANKは全負荷型ハイブリッド蓄電池になります。蓄電容量は6.1kWhと9.2kWh、12.3kWh。まずは全体像を把握するためにもシステム構成と仕様を説明していきます。

【システム構成】

【仕様一覧】

SUNTANK
タイプ ハイブリッド
蓄電容量 6.1kWh・9.2kWh・12.3kWh
実効容量 5.22kWh・7.94kWh・10.46kWh
寿命(サイクル数) 12,000
タイトル 全負荷
回路数 3回路
停電時出力 5.9kW
寸法mm(W幅×H高さ×D奥行) W1100×H1300×D360
重量 159kg・198kg・237kg
設置場所 屋外
HEMS機能 あり
保証 15年

 

ジンコソーラーのSUNTANK蓄電池の特徴

ではどんな特徴があるのか見ていきましょう。SUNTANK蓄電池の特徴は7つです。

SUNTANK蓄電池の特徴7選

  1. 選べる蓄電容量
  2. 全負荷タイプ
  3. ハイパワーの充電力
  4. 幅広い使用環境
  5. 長寿命
  6. 15年製品保証
  7. アフターサポート体制

 

選べる蓄電容量

SUNTANK蓄電池の容量は、6.1kWhと9.2kWh、12.3kWhと選べます柔軟に選びやすい容量帯になっていますので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができることでしょう。

 

全負荷タイプ

停電対応は全負荷型になります。100Vはもちろん、200Vも使用可能なので家全体に電力供給可能。また、停電時も高出力で5.9kWもあるので、家電製品を一度にたくさん使えます。

 

ハイパワーの充電力

ハイパワーで充電できるので、発電量の多い太陽光発電システムでも対応可能に。貯められる力は5.9kWあるので、すばやく余った電気を蓄電池に貯めることができます。特に発電量の多い5月6月は存分に発揮できることでしょう。

 

幅広い使用環境

SUNTANK蓄電池は、幅広い環境で使用できます。-30℃~50℃まで動作が可能。この幅広い環境でバッテリー性能や安全性をも維持していきます。

 

長寿命

SUNTANK内蔵のリチウムイオン電池は、12,000サイクルと長寿命になっています。なので各蓄電池メーカーと比較しても長いです。

 

15年製品保証

リチウムイオン電池を含めて保証期間は15年あります。蓄電池は長い期間使用する製品でパワコンや電池、基盤などに保証が付いていたら安心

 

アフターサポート体制

アフターサービスも充実しています。コールセンターをご用意し、製品の使用や不具合に関するお問い合わせも受け付けています。万が一の場合にも、専門のアフターサービス部門が問題発生から短期間のうちに現場に駆けつけて対応を行っていきます。

ジンコソーラーの蓄電池のことがもっと詳しく知りたいコチラ

【ジンコソーラー】SUNTANK蓄電池の特徴・選び方・相場価格まで解説

 

SUNTANK蓄電池のデメリット

デメリットはないの?という声もありますので、デメリットも挙げておきます。

3つのデメリット

  1. 回路数が3回路
  2. 停電対応は全負荷のみ
  3. 実績が少ない

 

回路数が3回路

SUNTANKはハイブリッド蓄電池なので、太陽光パネルの回路を直接入力していきます。その入力できる回路数が3回路なので、4回路、5回路となればシステム構成が変わったり、4回路以上入力できるハイブリッド蓄電池を選択する必要があります。近年は、太陽光発電のシステム容量も増えていますので、4回路以上あるご家庭も多いことでしょう。

管理人
ダイヤゼブラ電気(旧:田淵電機)を始め、長州産業やシャープは4回路以上入力が可能なので、参考にしてみてください。

 

停電対応は全負荷のみ

停電対応は全負荷型のみになります。もちろん全負荷型が良いご家庭は良い選択ができますが、停電時は最小限で良いというご家庭は特定負荷になりますので、他メーカーの選択肢になってきます。

管理人
停電対応は、あくまで保険みたいなものなので、ご家庭によって価値観は違いますよね。下記の記事を参考にしてみてください。
 

実績が少ない

ジンコソーラーは太陽光発電の製造メーカーなので、蓄電池に対しては実績が少ないです。また、国内メーカーの蓄電池もあるので、海外メーカーの蓄電池に目がないというご家庭もいると思います。

管理人
蓄電池メーカーのおすすめランキングの記事を参考にしてみてください。

 

まとめ

今回は、ジンコソーラーの蓄電池ってどうなのか。口コミや評判、機能性について解説をしてきました。ジンコソーラーの蓄電池の口コミや評判は良いですが、中国メーカーという点で不安がある方もいるみたいです。

選んだ理由としては、価格が安かった、メンテナンス体制が良かった、外壁に機器が付かなかったからといったところです。導入してみた感想は、電気代が安くなった、停電を経験して安心できた、価格が安いけど少し不安という感想です。

ジンコソーラーの蓄電池はSUNTANKシリーズで全負荷型ハイブリッド蓄電池になります。蓄電容量は6.1kWh・9.2kWh・12.3kWhとライフスタイルに合わせやすい容量帯です。

SUNTANK蓄電池の特徴7選

  1. 選べる蓄電容量
  2. 全負荷タイプ
  3. ハイパワーの充電力
  4. 幅広い使用環境
  5. 長寿命
  6. 15年製品保証
  7. アフターサポート体制

機能も充実していますので、メーカーにこだわりがなく、全負荷型型ハイブリッド蓄電池が良いというご家庭ジンコソーラーの蓄電池を検討してみても良いでしょう。少しでも実質負担を下げて導入するには、相見積もりを取ることは必須です。ソーラーパートナーズなら最大3社の見積もりが無料で取れ、地元で評判の業者に出会えるので活用してみて下さい

ソーラーパートナーズなら地元で評判の業者に出会える

蓄電池の無料一括見積りはコチラ

比較して最安値を見つけよう!

スポンサーリンク

-メーカー, 新着記事, 機能

© 2022 家庭用蓄電池.com Powered by AFFINGER5