" />

メーカー 価格 新着記事

【Looop】家庭用蓄電池の特徴・選び方・相場から最安価格/専門職が解説

スポンサーリンク

Looopの蓄電池って良いの?って気になる方も多いことでしょう。また、営業マンがLooopでんちをお勧めしてきて本当にLooopでんちで良いのかなと気になってきたという方もいらっしゃると思います。

 

こんなお悩みを持っている人

  • Looopでんちが向いている家は?
  • どんな特徴があるの?
  • Looopでんちの選び方は?
  • 相場価格はいくらするの?

そんな不安を抱えている皆さんに、Looopの蓄電池について解決できるように分かりやすく解説していきます。

 

管理人

【この記事の信頼性】

太陽光業界に2009年から活動している運営者が、メーカーや販売業者、商社から色々情報を入手して、蓄電池の勉強をしたい人向けに、失敗しない家庭用蓄電池導入方法の解説をしています。

 

この記事はLooopの蓄電池に特化した内容で、できる限りわかりやすくお伝えしていきます。

この記事を読むメリット

この記事を読んで頂ければ、Looopの蓄電池の良さがわかり、蓄電池の選び方から価格もわかります。

 

おすすめできるご家庭

  • コスト重視のご家庭
  • 卒FITを迎えたご家庭
  • 売電より自家消費したいご家庭
  • 海外メーカーの太陽光を設置しているご家庭
  • 電気料金も抑えたいご家庭

Looopは、電池セルの製造会社で電動工具から産業用の蓄電池まで幅広い分野で活躍

株式会社LooopのLooopでんちはハイブリッド型蓄電池容量は、4kWhで、停電対応は特定負荷になります。

Looopでんちの特徴

  • 低価格
  • ハイブリッド型蓄電池
  • オール日本製
  • Looopでんきと組み合わせる
  • AIによる自動制御
  • 保証

Looopでんちの相場価格は4kWhで100万円が相場価格になっています。Looopでんちを最安で設置する方法は工事が得意な会社が良いので、相見積もりを取って最安値で施工件数が豊富な販売店を探すことをおすすめします。ソーラーパートナーズなら地元企業で優良な業者の見積もりが無料で取得できますので、良ければ活用してみて下さい

地元で評判の業者に出会える

ソーラーパートナーズ公式一括見積もりはコチラ

比較して最安値を見つけよう!

 

株式会社Looopってどんな会社?

株式会社Looopは太陽光発電メーカーですが、電力事業や蓄電池販売を手掛けるエネルギー企業です。「Looop(ループ)」という企業名の由来には「エネルギーを循環させる」という意味があり「太陽光」「風力」「水力」のセグメントが3つの”o”に秘められています。なので太陽光発電や蓄電池、電気料金プランを組み合わせたサービスもあるのです。

そして株式会社Looopは「Looopでんち」という4kWhの蓄電池を展開しています。では、どんな特徴があり、選び方や価格面の解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Looopでんちは家計にやさしい蓄電池

株式会社Looopは、「Looopでんち」という商品でブランド化しています。蓄電容量は4kWhで、タイプはハイブリッド型蓄電池、停電対応は特定負荷になります。

株式会社Looopは、太陽光発電事業もしていますので、Looopの太陽光発電を設置している方は、Looopでんちとの組み合わせが良いでしょう

おすすめできるご家庭

  • コスト重視のご家庭
  • 卒FITを迎えたご家庭
  • 売電より自家消費したいご家庭
  • 海外メーカーの太陽光を設置しているご家庭
  • 電気料金も抑えたいご家庭

 

システム構成と仕様

全体像を把握するためにシステム構成と仕様を説明していきます。

Looopでんちの蓄電池は、ハイブリッド型蓄電池ですので既設の太陽光発電のパワーコンディショナを取り外して設置していく構成になります。

【システム構成】

【仕様一覧】

商品(Looopでんち)
タイプ ハイブリッド
HYBパワーコンディショナの出力 5.5kW
蓄電容量 4.0kWh
実効容量 -
寿命(サイクル数) 12,000
停電対応 特定負荷
回路数 3回路
停電時出力 2.0kW
寸法mm(W幅×H高さ×D奥行) W476×H850×D305.5
重量 約85kg
設置場所 屋内外
HEMS機能 あり
保証 10年(15年有償)

 

Looopでんちの特徴

ではどんな特徴があるのか見ていきましょう。Looopでんちの特徴は6つです。

Looopでんちの特徴6選

  1. 低価格
  2. ハイブリッド型蓄電池
  3. オール日本製
  4. Looopでんきと組み合わせる
  5. AIによる自動制御
  6. 保証

 

低価格

Looopでんちのメーカー希望価格は898,000円で表示されており、他メーカーの表示金額より低価格で設定されています。他メーカーの4kWhのメーカー希望価格は150万円や180万円といった価格で表示されています。なのでハイブリッド型蓄電地でメーカー希望価格が100万円を切っているのは低価格設定と言えるでしょう

 

ハイブリッド型蓄電池

Looopでんちの蓄電地タイプはハイブリッド型蓄電池になります。ハイブリッド型蓄電池は、既設の太陽光発電のパワーコンディショナを取り外し、太陽光発電と蓄電池の電気を一括管理できるハイブリッドパワーコンディショナに取り替えていきます。

 

オール日本製

Looopでんちは部品も国内メーカーの部品を使用しており、すべて日本製の蓄電地になります。他メーカーでは、システムの一部に海外製品を使用していたりしますが、オール日本製なので高効率、高品質を実現しています。

 

Looopでんきと組み合わせる

Looopでんちは「Looopでんき」と組み合わせることで、電気代の削減につながります。料金プランの中に「でんち割」がありますので、1kWhあたり3円引きになります。また条件を満たすことで割引額が増えていくルールもあります。

  • でんち割料金:3円引き
  • ソーラー割料金(他社メーカーの太陽光発電):1円引き(余剰電力をLooopに売電)
  • ソーラー割料金(Looopの太陽光発電):2円引き(余剰電力をLooopに売電)

 

AIによる自動制御

LooopでんちのAIは各ご家庭ごとに電力需要、太陽光発電の状況、天候などを予測・学習し電気の最適化を全自動で行なってくれます。Looopは全国に1700箇所以上の太陽光発電所があり、約5万件に供給しています。そうすることで電気に関わる多くのデータを蓄積しており各ご家庭ごとにカスタマイズされて最適化をしています。

 

保証

Looopでんちは無償で10年の無償保証が付いています。電池の種類はリン酸鉄リチウムイオンを使用していますので、12,000サイクルの寿命があります。また保険については、各ご家庭が加入している火災保険の適用範囲になってきますので、火災や落雷など起きた際は火災保険が使えるたりします。

 

Looopでんちのデメリット

デメリットはないの?という声もありますので、デメリットも挙げておきます。

3つのデメリット

  1. 特定負荷型ハイブリッド蓄電池しか選べない
  2. 蓄電池の容量が少ない
  3. 電気料金の割引システムがややこしい

 

特定負荷型ハイブリッド蓄電池しか選べない

Looopでんちは特定負荷型ハイブリッド蓄電池のタイプになります。なので、太陽光設置してまだ2年3年の方がLooopでんちを付けようとすると既設の太陽光発電の保証が切れたりするデメリットがありますので、もし太陽光発電になにか故障があった際は有償修理になるケースがあります。なので、もしLooopでんちを設置する際は、卒FITの方におすすめになってきます。

全負荷型ハイブリッド蓄電池を検討されている方は下記の記事を参考にしてみて下さい。

全負荷型ハイブリッド蓄電池はどこのメーカーがおすすめ?専門家が徹底解説

また特定負荷型ハイブリッド蓄電池でも容量が大きいのが良い方はこちらが参考になります。

特定負荷型ハイブリッド蓄電池はどこのメーカーがおすすめ?専門家が徹底解説

 

蓄電池の容量が少ない

Looopでんちは4kWhという蓄電容量で小容量の部類に入りますので、たくさん電気を使用するご家庭は容量が少なく感じてきます。また売電量が月に200kWhとか300kWhあるご家庭も容量が少ないでしょう。適切な容量を知りたいという方は下記の関連記事を参考に容量を定めることをおすすめします。

 

電気料金の割引システムがややこしい

Looopの特徴でもあるLooopでんきですが、電気料金の割引システムを把握するのが難しいです。それはいろいろな条件が付いているから。なので、割引をシステムを活用したいという方はしっかりと条件や注意事項を読んでおきましょう

 

運転モード

Looopでんちの運転モードは3つのモードがあります。

  1. ノーマルモード
  2. 節エネモード
  3. 蓄電モード

ライフスタイルに合わせて選んでいきましょう。

 

ノーマルモード

電気料金の単価が安い深夜に充電して、蓄えられた電力を昼間・夜間 に、接続している電気製品に放電することで「ピーク電力抑制」および 「買電料金の抑制」につながります

管理人
固定価格買取制度(FIT)中に使うモードになってきます

 

節エネモード

昼間に太陽電池でつくった電力を、夜間や深夜に 使用することで買電量を抑えます

管理人
固定価格買取制度(FIT)が終わった後に使うモードになってきます

 

蓄電モード

常に蓄電池が満充電になるまで充電を行い、充電完了後は停電に備えて待機します。蓄電池の残量表示には誤差があるため、100%の表示にならないことがあります

管理人
あくまで非常時に備えたいというモードになってきます

 

Looopでんちの選び方

特長はわかっても、本当に自分の家にLooopでんちが最適なのかがわからないと言った方も多いことでしょう。なので、Looopでんちの選び方をシミュレーションしていきます。Looopでんちは4kWhのみのラインナップなので、この選び方に沿わないご家庭は他の蓄電池メーカーをおすすめします

【お客様の家族構成、ライフスタイル】

家族構成:父、母、子2人

電気代:12,000円

インフラ設備:オール電化

太陽光発電設置年数:10年

管理人
【例】で太陽光発電メーカーは三菱だったとしてシミュレーションしていきます。

 

現状把握

ここからは、運営者がお客様にヒアリングをしながらLooopでんちが適正かを決めていきます。

 

太陽光発電メーカー

太陽光発電メーカーを知ることは、蓄電池メーカーとの相性を聞くためです。相性が悪いメーカーも合ったりします。Looopでんちはハイブリッド型蓄電池なのでしっかりと調べる必要があります。

太陽光発電メーカーがシャープの方はシャープの蓄電池がおすすめ。

→シャープの特徴・選ぶコツ・価格・総まとめ/専門職が解説

太陽光発電メーカーが長州産業の方は長州産業の蓄電池がおすすめ。

→長州産業の特徴・選ぶコツ・価格・総まとめ/専門職が解説

管理人
今の太陽光発電のメーカーはなんですか?

三菱の太陽光発電を付けています。
相談者

 

太陽電池モジュール(パネルの型番)

パネルの型番を知ることは、ハイブリッドパワコンの1回路に何枚まで入力することができるかという点です。

管理人
太陽光発電のパネルの型番はなんですか?また枚数を教えて下さい。

パネルの型番はPV-MA2000Bが18枚
相談者

ポイント

パネルの型番を知りたい時は、保証書に載っていますので確認しましょう。

 

回路数

太陽光のパネルは何枚かが束になって構成されており、その束を「1回路」として接続箱というものに接続されています。ハイブリッド型蓄電池の場合は、接続できる回路の本数が決まっていますので、確認する必要があります

管理人
何回路の接続箱を使ってますか?もしわからない場合は、接続箱の型番を教えて下さい。
何回路とかはわからない。接続箱の型番はPV-CN03G
相談者

管理人
このPV-CN03Gは最大3回路ですね。

接続箱の回路数が最大3回路ですが、もしかしたら実際使用している回路が2回路とか1回路のケースもありますので、現場確認したほうが確実です。

 

管理人
ここまでパネルの型番と枚数、接続箱の情報がわかりましたので、現状に対して次は、蓄電池を選択していきます。

 

停電対策

Looopでんちの停電対応は特定負荷のみになりますので、ここは必然的に決まってきます。

 

容量選び

蓄電容量の選び方は、売電量と電気使用量の両方見ていく必要がありますが、Looopでんちの蓄電容量は4kWhなので選択肢が1つのみになります。

管理人
今、月平均の売電量と割高の時間帯の月平均の電気使用量はいくらありますか?
売電量は月平均150kWhで、電気使用量はだいたい120kWhぐらいです。
相談者

管理人
売電量目線でいけば5kWhの蓄電容量になりますが、Looopでんちは4kWh。しかし電気使用量が120kWhなので使い切れそうですね逆に、電気使用量目線でいけば、4kWhの蓄電容量で、売電量が150kWhなので1kWh分溢れてきますね。溜まりきれない電気は売電に回しましょう。溜まりきれなくて蓄電池の中に空っぽの空間を作るよりは効率は良いです。なので、売電量120kWhや使用量120kWhが4kWhの目安になってくるとも言えます

ということは、商品はLooopでんちの4kWhの蓄電池に決まりましたね。
相談者

電気使用量が120kWhを超える場合はもう少し大きい容量が良いでしょう。

 

設置場所

商品が決まりましたので、次は設置場所になります。設置場所を決める機器は、「蓄電池ユニット」「ハイブリッドパワコン」「通信コントローラー」「リモコン」「専用負荷用分電盤

・蓄電池ユニット

蓄電池ユニットは屋内外設置になります。屋外に設置スペースがあれば良いでしょう。しかし、屋外に設置スペースがないとなれば屋内に設置するしかありません。重量が85kgありますので、屋外の場合は簡易基礎で大丈夫です。

・ハイブリッドパワコン

ハイブリッドパワコンは屋外設置になります。蓄電池ユニットと接続していきますので、なるべく近くに設置した方が見た目が綺麗です。

・リモコン

リモコンは屋内の壁掛けになりハイブリッドパワコンと繋いでいきます。なので配線が通れば給湯器のモニターやインターホンのモニターと並べても良いですし、よく見たりする場所にかけても良いでしょう。

・通信コントローラ

通信コントローラもハイブリッドパワコンと繋げていきます。

・専用負荷用分電盤

住宅用分電盤から特定の回路を取り特定負荷用分電盤につなぎますので、住宅用分電盤付近が良いです。

管理人
見た目が大事ですよね。工事後はずっとその見た目なので、できる限り隠蔽配線が良いです。ここは業者によって全く内容が違ってきますので、工事業者選びは重要ということです。

お客様目線で、工事内容を考えてくれる工事業者が良いですね。
相談者

 

株式会社Looopの価格帯

では最後に価格です。商品と工事内容が決まりましたので、設置費用が出ますね。

管理人
この商品での内容は、1,504,800になります。(※あくまでメーカー希望価格表示)

わかりました。相場がわからないので、他社からも見積もりを取りますので、考えさせて下さい。
相談者

ポイント

いきなり契約はせず、相見積もりを取ることは非常に大事。契約を迫られても、その場で契約はしないようにしましょう。

地元で評判の業者に出会える

ソーラーパートナーズ公式一括見積もりはコチラ

比較して最安値を見つけよう!


 

Looopでんちの相場価格

Looopでんちの相場価格は4kWhで100万円が相場になってきます。Looopでんちはハイブリッド型蓄電池なので工事内容などによって各ご家庭によって金額は変わってきます。なので、実際の金額が知りたい方は見積もりを取ってみましょう

商品 蓄電容量 相場価格
4kWh 100万円

あくまで相場価格ですので、実際の価格は見積りを取ることをオススメします。できる限り1社のみの見積もりではなく何社か相見積もりしてみましょう

 

Looopでんちを最安で設置する方法

Looopでんちを最安で設置する方法は、工事が得意な会社が良いです。Looopでんちはハイブリッド型蓄電池なので、配線がやりにくいなどが出てきます。販売店によっては工事内容がバラバラになったりしますので、お客様目線に立って工事内容を決めてくれたり、工事が豊富な施工会社を選ぶことが施工費も安くできるポイントです。

その工事が豊富な施工会社を探すなら、相見積もりを取ることです。ソーラーパートナーズなら地元企業で優良な業者の見積もりが無料で取得できますので、良ければ活用してみて下さい

一括見積もりサイト『ソーラーパートナーズ公式』

 

まとめ

今回は、株式会社LooopのLooopでんちを解説してきました。株式会社Looopは、電池セルの製造会社で電動工具から産業用の蓄電池まで幅広い分野で活躍しています。家庭用蓄電池は「Looopでんち」という商品名でハイブリッド型蓄電池になります。蓄電容量は4kWhで、停電対応は特定負荷です。

Looopでんちの特徴

  • 低価格
  • ハイブリッド型蓄電池
  • オール日本製
  • Looopでんきと組み合わせる
  • AIによる自動制御
  • 保証

Looopでんちの設置費用を少しでも実質負担を下げて導入するには、相見積もりを取ることは必須になってきます。ソーラーパートナーズなら地元企業で優良な業者の見積もりが無料で取得できますので、良ければ活用してみて下さい

地元で評判の業者に出会える

ソーラーパートナーズ公式一括見積もりはコチラ

比較して最安値を見つけよう!

スポンサーリンク

-メーカー, 価格, 新着記事