" />

タイプ メーカー 新着記事 機能

【専門家が厳選】2021年家庭用蓄電池メーカーを比較!人気おすすめランキング

電気代削減や卒FIT(固定価格買取制度の終了)対策、停電対策で人気なのが家庭用蓄電池。太陽光発電を設置されている方は、家庭用蓄電池を気にされている方も多いです

さらに家庭用蓄電池は停電対策などの効果だけではなく、太陽光発電のデメリットまで補ってくれるのです。更にこれからの時代は再エネの電力が重宝される時代にってきますので、電力自体に価値が生まれてきます

でも家庭用蓄電池ってたくさんメーカーがあるし、どれを選べばよいか不安って思ったりしますよね

 

ココに注意

「価格が安い蓄電池が良い」って言うわけでもないので注意が必要です。

 

そこで、この記事では家庭用蓄電池の各メーカーの比較と特徴を解説し、ランキングに落とし込みました

その結果、一番コスパが良い家庭用蓄電池が分かりました。

管理人

【この記事の信頼性】

10年以上メーカーや販売業者、商社から色々情報が入ってきている筆者が書いているので、是非参考にしてみてください。

 

初めての方でも分かるように家庭用蓄電池の事を下記の記事で解説していますので、学びたい方は参考にしてみてください。

【関連記事】【2021年版】家庭用蓄電池の総まとめをプロが徹底解説!超初心者必見

 

タイナビなら最大5社の無料見積り

家庭用蓄電池の無料見積りはコチラ

比較して最安値を見つけよう!


家庭用蓄電池とは

家庭用蓄電池とは、住宅太陽光発電の電力や電力会社の電力を溜めて、ご家庭で使ったりできる電池になります。最近では、災害対策で太陽光発電がなくても、電力会社の電力を溜めて非常用として使われる方も増えてきています

 

おすすめ家庭用蓄電池の比較表

家庭用蓄電池メーカーの比較表になります下記のメーカーが市場に出回っている蓄電池メーカー。なので蓄電池を設置しているご家庭は、この中のどれかの蓄電池を設置していることになります。ぜひ参考にしてみてください。

※スライドができます。

メーカー

シャープ

パナソニック

京セラ

長州産業

ニチコン

伊藤忠商事

村田製作所

田淵電機

Looop

スマートソーラー

ジンコソーラー

エリーパワー

テスラ

タイプ

ハイブリッド

ハイブリッド

単機能

単機能・ハイブリッド

単機能・ハイブリッド

単機能

ハイブリッド

ハイブリッド

ハイブリッド

単機能・ハイブリッド

ハイブリッド

ハイブリッド

ハイブリッド

蓄電容量

4.2kWh〜

3.5kWh〜

3.2kWh〜

6.5kWh〜

11.1kWh〜

9.8kWh〜

2.3kWh〜

4.0Wh〜

4.0kWh〜

11.8kWh〜

6.0kWh

5.4kWh〜

13.5kWh〜

実効容量

3.3kWh〜

2.7kWh〜

2.7kWh〜

5.3kWh〜

9.4kWh〜

8.8kWh〜

2.08kWh〜

3.4kWh〜

-

10.9kWh〜

-

4.8kWh〜

-

寿命(サイクル数)

12,000

10,000

6,000

11,000

6,000

6,000

12,000

12,000

12,000

6,000

12,000

12,000

-

停電対応

特定・全負荷

特定・全負荷

特定負荷

特定・全負荷

特定・全負荷

全負荷

特定負荷

特定・全負荷

特定負荷

全負荷

全負荷

特定負荷

全負荷

停電時出力

5,500W

4,000W

2,000W

4,000W

5,900W

3,000W

2,000W

5,500W

2,000W

4,000W

5,900W

3,000W

5,000W

設置場所

屋内外

屋内

屋内外

屋内外

屋外

屋外

屋外

屋外

屋外

屋外

屋外

屋外

屋外

HEMS機能

-

保証

15年

15年

10年

15年

15年

10年

15年

10年

15年

10年

15年

10年

10年

サポート体制

マルチコネクト

×

-

-

-

おすすめ対象

太陽光発電がシャープの方

太陽光発電がパナソニクの方

単機能でコスト抑えたい方

太陽光発電がシャープの方以外の方

単機能で大容量が良い方

単機能で大容量が良い方

寿命重視の方

寿命重視の方

値段を安く抑えたい方

値段を安く抑えたい方

寿命重視の方

寿命重視の方

値段を安く抑えたい方

※独自調査なので保証するものではありません。

 

失敗しない家庭用蓄電池の選び方

比較表見てもどこをどう見ればいいのか分からない方もいると思います。どこの項目が重要なの?となることでしょう。なので、家庭用蓄電池の選び方で失敗しないためにも抑えておく必要項目を解説していきます。

 

タイプ

タイプとはハイブリッド型蓄電池と単機能型蓄電池に分かれてきます。基本的には太陽光発電の設置年数によってタイプは分かれます

 

ハイブリッド型蓄電池(設置8年以上)

ハイブリッド型は、既設の太陽光発電のパワーコンディショナを取り外し、太陽光発電と蓄電池の電気を1つのパワーコンディショナで管理することができるタイプ

 

単機能型蓄電池(設置8年未満)

単機能型は、既設の太陽光発電はそのままの状態で蓄電池を付けるタイプ

管理人
単機能型はゆくゆく太陽光発電のパワーコンディショナの交換費用を見とかないといけません。なので太陽光の設置年数が10年近い方はハイブリッド型が良いです。

 

寿命(サイクル数)

寿命(サイクル数)とはメーカーの期待寿命のことを指します。サイクル数は溜めて使ったら1サイクルになります。

サイクル数が長ければ長いほうが、期待寿命が長いです。

 

停電対応

停電対応は、特定負荷型と全負荷型があります。停電したときに、どこの電気が使いたいかによって選択が変わってきます。停電したときに、200Vを使いたい方は全負荷型になってきます。

 

【関連記事】家庭用蓄電池は災害時に活躍してくれる!知っておくべき注意点と全負荷・特定負荷の違い

 

保証

保証は、ほとんどのメーカーが15年保証を用意しています。機械ものなので10年がくると意外と不具合がおこる場合がありますので、確実に15年保証付きのメーカーを推奨します

管理人
安いからと言って10年保証のメーカーを選ぶと最終的に割高になるケースもありますので注意です。

 

HEMS機能

HEMS機能は太陽光発電や蓄電池の電気をコントロールしてくれる機能です。インターネット環境が必要になります。また、HEMS機能を使うのに、有償のメーカーもありますので注意しましょう。

 

サポート体制

サポート体制は、モニタリングしてくれているかとか何かあったときにすぐに対応してくれるかという観点です。モニタリングは、メーカーがインターネットを使って機器を監視してくれるサービスになります。

 

マルチコネクト

マルチコネクトは、ハイブリッド型蓄電池にしたときが対象で太陽光発電のメーカーと蓄電池のメーカーが異なることいいます例えば太陽光発電は三菱で、ハイブリッド型蓄電池はシャープにしたいとなれば、これはマルチコネクトになります

管理人
調査せずに接続してしまうとパネルの故障に繋がりますので注意です。

 

価格

最後に価格ですね。もちろん安いに越したことはないでしょう。しかし安いからと言って実は提案された蓄電池は単機能型でしたというケースもあります。そういった場合は、ゆくゆく太陽光発電のパワーコンディショナの費用も見ておかないといけません。

なので、目先の金額だけにとらわれず、長い目で見て一番コスパの良い蓄電池を選んでいきましょう

 

家庭用蓄電池のランキング

ここからは家庭用蓄電池のランキングに入っていきます。各蓄電池メーカーの強みや特徴を抑えて解説。

僕の主観的な所もありますが各メーカーや商社から聞いた情報をまとめていますので、ぜひ蓄電池選びの参考にしてください

長州産業

第1位は長州産業でスマートPVマルチです。蓄電池容量は6.5kWh、9.8kWh、16.4kWhがあり単機能、ハイブリット、特定負荷、全負荷と選べます。各ご家庭に見合うプランが見つかるので、お客様に寄り添ったラインナップで堂々一位。

他の太陽光発電メーカーとも相性が良く、寿命も長く、保証も15年あります。またインターネット環境があれば付属でHEMS機能が付いていますので、言うことなしです。

デメリットを上げるとしたら、「全負荷対応型ハイブリッド蓄電システム」の場合、設置機器が多くなるという点です。

 

管理人
価格帯も相場より安く、機能を見ても総合的に劣ることはないです。

こんな方におすすめ

  • シャープ、パナソニック以外の太陽光発電メーカーを設置している方。

【関連記事】家庭用蓄電池で長州産業の特徴・選ぶコツ・価格・総まとめ/専門職が解説

 

シャープ

続いて第2位はシャープのハイブリッド型蓄電池です。シャープはハイブリッド型に特化した蓄電池です。蓄電容量も4.2kWhから始まり6.5kWh、8.4kWh、9.5kWh、13.0kWhまで5つのラインナップがあります。全負荷型の場合は、6,5kWh以上からになります。他の太陽光発電メーカーとも相性が良く機能面や寿命も長けています。またHEMS機能に関しては、一番優れているでしょう。エコキュートと連動することもできます。

デメリットを上げるとしたら他の太陽光発電メーカーと繋げる際は、保証が10年という点です。

ここが15年になればもっと良い商品になること間違いなし。

 

管理人
マルチコネクトの保証以外の設置機器の見た目やコンパクトさ機能面の総合力は1位といっても良でしょう。

こんな方におすすめ

  • シャープの太陽光発電メーカーを設置している方。

【関連記事】家庭用蓄電池でシャープの特徴・選ぶコツから価格まで総まとめ/専門職が解説

 

ニチコン

第3位はニチコンです。ニチコンは単機能型蓄電池で大容量が魅力です。また、停電対応には強く全負荷型で出力が大きいです。単機能型なのでどんな太陽光発電メーカーでも設置が可能

そしてV2Hにも対応している機種もありますので、今後が期待です。

デメリットを上げるとしたらハイブリッド型に弱い点です。12kWhのハイブリッド型蓄電池もありますが、パワコンと蓄電ユニットが一体型なので、ゆくゆくパワコンが故障した場合のメンテンス費用が割高になってきます。

 

管理人
単機能に特化した蓄電池メーカーで、大容量や停電対応には強いですね。

こんな方におすすめ

  • 単機能なので太陽光発電を付けたばかりの方やパワコンを取り替えたばかりの方。

【関連記事】家庭用蓄電池でニチコンの特徴・選ぶコツ・価格・総まとめ/専門職が解説

 

伊藤忠商事(スマートスター)

4位は伊藤忠商事のスマートスターシリーズです。単機能型で蓄電容量は9.8kWhと13.16kWhの2つのラインナップ停電対応は共に全負荷型他のメーカーにない特徴としては「グリッドシェアポイント」

グリッドシェアポイントとは

AI機能を使い、太陽光発電で創った電気を自家消費した量と蓄電池に溜めた量をモニタリングし、自家消費分を二酸化炭素削減量とみなして排出枠を企業に提供し、独自ポイント(グリッドシェアポイント)が付与される仕組み。

 

これからの脱炭素の取組みなどに積極的に取り組んでいるのもおすすめできるメーカーになります。

デメリットを上げるとしたら寿命や保証年数が短いという点です。高価なものなので、保証年数が15年になればもっと魅力的な商品になることでしょう。

 

管理人
ニチコンと同じようなタイプですが、独自のサービスで付加価値を付けてますよね。

こんな方におすすめ

  • 単機能なので太陽光発電を付けたばかりの方やパワコンを取り替えたばかりの方。

【関連記事】家庭用蓄電池でスマートスターの特徴・選ぶコツ・価格・総まとめ/専門職が解説

 

パナソニック

5位はパナソニックの創蓄連携シリーズです。3.5kWhと5.6kWhの蓄電池を多彩に組み合わせることができるので、自分のニーズに合わせることも可能ハイブリッド型蓄電池で停電対応も全負荷型。また蓄電容量が少なければ後から増設することも可能。寿命も長くなり保証も15年。AiSEG2と連携することによってかしこくエネルギーを活用することができ、パナソニックならではの家電製品との連携可。

デメリットを上げるとしたら他の太陽光発電メーカーと連携がしにくい点です。

 

管理人
多彩な組み合わせができるのが良いですね。またパナソニック独特の家電製品との連携も魅力的。

こんな方におすすめ

  • パナソニックの太陽光発電メーカーを設置している方。

【関連記事】家庭用蓄電池でパナソニックの特徴・選ぶコツ・価格・総まとめ/専門職が解説

 

【関連記事】専門家が蓄電池トップ5メーカーを特長・比較・選び方を解説

【家庭用蓄電池】専門家が教える蓄電池メーカーの特徴・比較・選び方を解説

続きを見る

 

タイナビなら最大5社の無料見積り

家庭用蓄電池の無料見積りはコチラ

比較して最安値を見つけよう!

 

 

もっと詳しく家庭用蓄電池を選ぶポイント

これまで失敗しない家庭用蓄電池の選び方やランキングを紹介してきました。ここからは更に家庭用蓄電池を選んだ後に関係してくるポイントを紹介していきます

項目は6つです。ここを押さえていれば家庭用蓄電池だけではなく設置した後も安心することができるでしょう

  1. HEMS機能付
  2. 運転モードの種類
  3. 営業マンの知識
  4. 工事内容の明確化
  5. アフターメンテンナスの有無
  6. 優良業者(施工業者)選び

では解説していきます。

 

HEMS(ヘムス)機能付

HEMS機能が付いていたりオプションとして選ぶことができるメーカーかどうかを示します。絶対にHEMS機能が付いていないとダメというわけではないです。しかしHEMSがあれば更に効率的にエネルギーをコントロールしてくれるので、電力の無駄を最小限にしてくれます。

※スライドができます。

メーカー

シャープ

パナソニック

京セラ

長州産業

ニチコン

伊藤忠商事

村田製作所

田淵電機

Looop

スマートソーラー

エリーパワー

テスラ

総合評価

電力見える化

-

天気予報連携

-

-

気象警報連携

-

-

-

AI

-

-

-

-

見守り機能

-

-

-

家電連携

-

-

-

-

-

-

-

-

節電アドバイス

-

-

-

-

-

-

-

-

電気料金シミュレーション

-

-

-

-

-

-

-

-

-

アプリ

-

-

-

-

-

-

-

※独自調査なので保証するものではありません。参考にしてください。-は公式HP未公表もしくはデータなし

 

運転モードの種類

運転モードの種類は各メーカーバラバラです。内容的には似ていますが、これもHEMS機能があるかどうかで運転モードの種類は変わってきます

※スライドができます。

メーカー

シャープ

パナソニック

京セラ

長州産業

ニチコン

伊藤忠商事

村田製作所

田淵電機

Looop

スマートソーラー

ジンコソーラー

エリーパワー

テスラ

運転モード

FIT中

経済性モード

経済優先モード

経済モード

経済モード

経済モード

売電モード

夜間充電優先コース

売電モード

自動コントロール

売電モード

経済モード

おサイフモード

Powerwall 運転モード

FIT終了後

クリーンモード

環境優先モード

グリーンモード

グリーンモード

グリーンモード

グリーンモード

自家消費優先コース

自家消費モード

自家消費モード

グリーンモード

Ecoモード

自家消費モード

災害優先

充電モード

蓄電優先モード

安心モード

安心モード

安心モード

バックアップモード

備蓄優先コース

災害対策モード

災害対策モード

安心モード

バックアップモード

バックアップ専用モード

HEMS機能

-

AI

-

-

-

-

-

気象警報連携

-

-

-

-

自立運転

自動切替

自動切替

自動切替

自動切替

手動切替

手動切替

自動切替

自動切替

自動切替

手動切替

自動切替

自動切替

自動切替

ECHONET連携

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

※独自調査なので保証するものではありません。参考にしてください。-は公式HP未公表もしくはデータなし

 

管理人
ここから先は蓄電池ではなく蓄電池に関わる営業マンや依頼する業者についてのポイントを解説していきます。

 

営業マンの知識

営業マンの知識は大事です。特に商品の説明をする際に、各メーカーの違いやメリット・デメリットを説明してくれるのかという点は重要になってくるでしょう。意外と取り扱っている蓄電池メーカーのことしか知らない営業マンは多いです。また営業マンは良いことしか言わないというイメージが強いので、しっかりと短所を言ってくれる営業マンは信頼しやすいでしょう。

 

工事内容の明確化

次は工事内容のことをしっかりと伝えてくれるかという点です。どこに何を設置して、外壁や基礎などに穴を開けないといけないのかなど教えてくれる営業マンかどうかもポイントです。

これも意外と工事内容を知らない営業マンは多いです。契約をするということは工事内容も把握したということで契約すると思います。

工事当日に話が違うなどと揉めないように事前に聞いておきましょう

 

アフターメンテンナスの有無

太陽光発電と一緒で意外としていない業者が多いのがアフターメンテンナスです。家庭用蓄電池はつけて終わりではありません。車と一緒でメンテナンスなどが必要です。モニターなどで発電状況を見ても故障しているかどうかはわからないこともあります。なので設置して終わりではなく、その後もアフターメンテンナスがあるかも聞いておきましょう

 

管理人
アフターメンテンナスといってもいろんな手段がありますので、PVアナライザーを使うかどうかを聞いてみるとよいでしょう。

PVアナライザーとは

太陽電池パネルのIVカーブの特性を測定する測定器になります。不具合、配線不良、個々の機器の不具合などを切り分けて判断ができ、現場で簡単にストリングまたはモジュール単位にIVカーブを確認することができるのです。

 

優良業者(施工業者)選び

では最後に優良業者(施工業者)選びのポイントになります。せっかく工事してもらうのであれば良い業者で気持ちよく工事をしてもらいたいですよね。ではどうやって見極めればよいのでしょうか。そのポイントは大きく3つです。

 

①口コミや施工実績がたくさんある会社

お客様の口コミがある会社は必要条件と言っても良いでしょう。また施工実績もたくさんあれば安心して任せられます。

 

②地域に根強く長い会社

地域に根強い会社は何かあったときのフォローが早く、アフターを強みにしている会社が多いです。また太陽光業界は新規参入が多いので、できる限り2009年以前に設立が望ましいです。その理由は2009年から太陽光ブームになり、そのブームに乗って参入した会社が多いからです。そんなにブームは続かないので、きちんとした事業計画が必要ってことですね。

 

③蓄電池メーカーの品揃え

蓄電池メーカーの品揃えが多い会社の方が良いです。その理由はお客様に寄り添った提案ができるからです。お客様に提案するということは、一番良いプランを提案できるかどうかです。それはお客様も望んでいること。なので、蓄電池メーカー品揃えは大事ということ。

 

【関連記事】家庭用蓄電池は業者選びに手を抜いてはいけない/後悔しないための優良店選び

 

イチオシの蓄電池メーカー

結局、どれを選べばよいのかわからない方も出てくると思います。そんな中、これを選んでおけば大丈夫という蓄電池メーカーを2つ紹介します。

 

太陽光発電がシャープの方

シャープ蓄電池の無料見積もりはこちら→メールでやり取り可能「タイナビ蓄電池」

 

太陽光発電がシャープ以外の方

長州産業蓄電池の無料見積もりはこちら→メールでやり取り可能「タイナビ蓄電池」

 

まとめ

今回は、2021年家庭用蓄電池メーカーの人気おすすめランキングを紹介してきました。この情報社会の中でたくさんのサイトが有り、どこのサイトもおすすめ商品が違ったりしています。

なので、家庭用蓄電池を検討しようとしても悩む方が多くいることでしょう。

そこで今回業界に10年以上いる僕が蓄電池メーカーや商社、販売店などに蓄電池のことを色々聞いてきた上でのランキング忖度しないで、ランキングを付けましたので安心してください

おすすめ人気ランキング

  1. 長州産業
  2. シャープ
  3. ニチコン
  4. スマートスター
  5. パナソニック

ただ、このランキングが絶対というものでもないので注意してくださいね

 

そしてランキング見てもまだ迷うという方はイチオシの蓄電池メーカーを選んでおけば大丈夫です。

イチオシの蓄電池メーカー

太陽光発電がシャープの方はシャープの蓄電池

太陽光発電がシャープ以外の方は、長州産業スマートPVマルチ

 

最後に家庭用蓄電池が決まっても金額や販売店(施工業者)も重要になってきます。

少しでも実質負担を下げて導入するには、相見積もりを取ることは必須です。

最大5社まで蓄電池の見積もりが無料で取れますし、メールのみでのやり取りも可能な「タイナビ」が良いでしょう

タイナビなら最大5社の無料見積り

蓄電池の無料一括見積りはコチラ

比較して最安値を見つけよう!


-タイプ, メーカー, 新着記事, 機能

© 2021 家庭用蓄電池.com Powered by AFFINGER5